歯列矯正とは?

審美歯科などで行う、歯列矯正とは?

歯の治療といえば虫歯が一番最初に思いうかぶと思いますが、歯並びの改善も歯医者にかかる理由のひとつですよね。

歯列矯正とは、不正咬合を治す歯科診療の一つで、歯列矯正を行う科は標榜科として認められているんですね。

審美歯科でも矯正力により歯を移動させ、または上顎骨や下顎骨の形態の変化を起こし、審美性、顎口腔機能回復やその予防を目的としています。

不正咬合は色んなな疾患、機能障害の原因にもなることがあり、これを取り除く歯列矯正の役割は、とても大きいと思います。

不正咬合は、それぞれの歯の位置が不正、複数の歯の位置が不正、上下顎の歯列弓の位置関係の不正などですね。

不正咬合の治療が歯列矯正なんですが、それを行う時期は個人個人の症例で様々であるようで、一概には言えないようです。

歯列矯正というと子供が行うイメージですが、もちろん大人でも矯正は出来ます。

審美歯科などで行う矯正の装置は、機械的な力で歯の移動や顎の成長の調整を行う機械的矯正装置と、それ自体なんら力を及ぼさせず、患者の口腔周囲の昨日を整える機能的矯正装置の2つが、大きく分けるとあるんですね。

矯正においては、目的の位置に歯などが移動後その位置に固定し、後戻りしないようにする事を保定と言い、一般的に機械によって行われます。

審美歯科や一般の歯科でも、広く行われているのが歯列矯正なんですね。

審美歯科治療で歯を白くするホワイトニングをもう少し

審美歯科治療で歯を白くする為におこなうホワイトニングですが、もう少しホワイトニングについて勉強をしておきたいと思います。

ホワイトニングとは、加齢や生活習慣、遺伝といった原因で黄ばんだ歯を、薬品で漂白する方法のことをいいます。歯を白くする方法としては、審美歯科治療でも多く使われている方法だといえます。

審美歯科治療で歯を白くする為におこなっているホワイトニングですが、ホワイトニングには2種類あります。ホワイトニングを審美歯科など歯医者さんでおこなうことをオフィスホワイトニングといい、そしてホワイトニングを家庭ですることを、ホームホワイトニングといっています。

審美歯科治療で多くおこなうホワイトニング。歯を白くするホワイトニングには主成分として「過酸化水素」と「過酸化尿素」が含まれていて、これらの成分は一定の温度になると酸素と水に分解されてしまいます。この時に分解されて出来た酸素が歯の色素と結びついて、色素を分解するんですね。

歯を白くするために酸素は歯の色素と結びつき、これらの過程でできた「活性酸素」が、歯の表面にあるエナメル質に作用し、象牙色の黄色がかった色を透けて見えないようにしてくれるんですね。審美歯科治療でもおこなうホワイトニングは歯を白くするというより、黄ばんだ歯の色を目立たなくするような事で結果として白い歯になるんですね。

歯を白くする審美歯科治療ホワイトニング

歯を白くするためには審美歯科治療で歯を白くすると綺麗になります。審美歯科で歯を白くする事が出来るかどうかを診察の上で審美歯科治療を受けることになります。

歯を白くすることをホワイトニングといいます。審美歯科治療ではホワイトニングが出来るかどうかや、ホワイトニングをする為の最も効果的な方法等のカウンセリングを受けます。

歯を白くする為に審美歯科治療に行くわけですが、その際にはまずは虫歯がないかを確認する必要があります。虫歯や歯周病などがあると、歯を白くするためのホワイトニングをする事が出来ないんですね。まず虫歯や歯周病の治療を最優先しておこないます。

歯を白くするには、審美歯科でカウンセリングを受けます。そしてその中で虫歯や歯周病があれば、まずはそれらを治療していくことになり、その後虫歯や歯周病の治療が終了した時点で、歯を白くするための審美歯科治療がはじまるんですね。

歯を白くするための審美歯科治療の方法はいくつかあります。自分の家でおこなうホワイトニング、そしてもうひとつが審美歯科治療に通いながらホワイトニングをおこなう方法になります。それぞれホームホワイトニング、そしてオフィスホワイトニングと呼ばれています。

歯を白くしたいと考えている人

審美歯科で歯を白くしたいと考えている人は、いったいどの位いるのでしょうか。歯はしっかりケアをしていかないと、せっかく歯が白かったのに黄ばんだ色になる事が多くありますね。

たとえばタバコを吸っている人達の歯は黄ばんだ色をしている場合が多く、女性でもタバコを吸っている人の多くが黄ばんだ歯の色をしています。

歯は白くないと、見た目の印象が悪くなります。人間にとって笑顔から得られる印象には大きいものがありますが、笑顔になった時に見える白い歯は、見ている人に好印象を与えることが多く、自分でもさわやかな気持になります。

審美歯科で歯を白くする為には、いろいろな方法があります。ですが黄ばんだ歯にならないように自分で毎日ケアすれば、歯を白くするために審美歯科に通わなくてもよくなります。

基本ですが毎日歯磨きを欠かさず行う事が大切になります。また虫歯があるようだと、歯を白くするのは難しくなりますから、定期的に歯医者さんに行って、虫歯チェックをしてもらいましょう。

審美歯科に限らず、歯を白くする為に出来る事は色々あります。素敵な白い歯を手に入れて、多くの人から好印象を持ってもらいたいですね。

歯を白くし、そして健康的で美しい歯を手にする為の方法をご紹介していきたいと思います。笑顔から覗く白い歯は、最高に綺麗ですものね。

審美歯科とは

審美歯科の先進諸国では、歯は白くて並び良いのが当たり前とされていますし、子供の頃から歯列矯正など当然のように行う国々も多くあります。

審美歯科的なことでは、米国の場合はいろんなな技術を用い、その人の顔の形や年齢に合った歯並びで常に白くてきれいな歯並びを追求しているようですね。

乳歯も永久歯も萌えてくる時は白い歯なんですが、虫歯になったり治療していくといつしか奥歯などは銀歯となっていますね。でも前歯に関しては白くというのが最近の歯科治療での考え方になってきているようです。

そのことは日本の保険制度にあり、保険で奥歯を白くしようとした場合、使われる素材は白いプラスチック性の材料になります。これはコンポジットレジンと呼ばれているるもので、歯と同じような色でそろえられますが、磨耗しやすくあまり奥歯には適さないものとされ、耐磨耗性の金属が多く使われています。

銀歯ですと口の中で黒っぽく反射、表情や顔色までも暗くなってしまいがち、奥歯に限らず、前歯もいろいろな要素が絡んで、萌えたての頃よりも少しずつ黄色く見えてきます。

喫煙者はヤニが、茶渋が沈着、コーヒー、紅茶の色が付いたり毎日食べているものや飲んでいるものの中でも、歯の表面に着色させるような場合があり歯を一生懸命磨いても、人によっては歯が茶色になったりします。

審美歯科では、いろいろな方法を用い白い歯を再現できるよう治療方法を提示します。保険制度で決められている部分に関しては白いかぶせものをしたりできますが、治療法や場所によっては保険が利かない場合も有りその時は、自費負担となりある程度高額な料金になります。

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。